演出ノートNo.3

 場面毎に抜き出し、ニュアンスを確認したり、ブラッシュアップしたりをひたすら繰り返している。問題は、各場面のその日の稽古1回目の精度。当たり前だけど舞台はライブ。観客とも一期一会。その1回になるか、数ある1回になるか、クオリティーは大きく変わって来る。「ライフ・イズ・ストレンジ」の舞台は、この世ではない場所、生まれ変わりのお報せをめぐる物語だ。この世ではない場所という架空の場所を舞台上に成立させる強度と、生まれ変わりのお報せをめぐる人々の心の揺れを観客に感じさせる繊細さが必要となる。シビアにコツコツと、時にはチャレンジもし、進めて行こう。




演出ノートNo.2

  先週、初めての通し稽古。この段階での通し稽古は、模型で言えば仮組みする感じ。なので完成度を問うというより、完成させるための課題を見つけていくのが目的。シーン毎に稽古していたものを繋げて、物語の流れや登場人物達のキャラクターにブレがないかetcを確認する。課題はいろいろだったが、方向性はきちっと見えている。これからは、よこしまブロッコリーの特徴である、あなたとわたしの間に流れる機微、小説でいうところの行間をより豊かにしていく。舞台上で交わされる言葉や出来事の奥に流れる心情や背景を楽しんでもらえる作品にしていきたい。それと、今回の俳優陣は20そこそこからアラフィーまで年齢の幅が広い、だからこそ生まれる空気や情景が作品の中に増えてきている、そういう豊かなものをきちんと届けねばならない。

演出ノートNo.1

 にへいです。


現在は、ひたすら本読み。俳優達と作品の世界観、登場人物のキャラクター、台詞や行動のニュアンスや解釈をじっくりすりあわせている。今回みたいに架空の世界が舞台だと、こういう作業がとても重要。そうそう、初演のときと今回の違う点のひとつが、登場人物が増えたことだ。それはより彩り豊かな作品を目指してなのだけど、一歩間違えると、ただ人が増えただけで、世界が薄くなったり、散漫になったりする。この時期にどこまで共通理解を深められるか、それが作品のこれからを握っていると思っている。現在のところ、感触は良し。こういう時って、どんどん進めたくなってしまうのだけど、作品創りはまだ初期段階、じっくりじっくり俳優達と一緒に世界を立ち上げるつもり。





1

     

ツイッター




     

次回公演

第19回本公演
『声の温度』
2017年6月30日(金)〜7月3日(月)
会場:七ツ寺共同スタジオ
詳しい公演情報は下記から
http://www.yokoshima.info
チケットの予約は下記から
https://www.quartet-online.net/ticket/koeyokoshima

     

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • BARパプリカでよこしまコインが使えます!!
    にへい
  • BARパプリカでよこしまコインが使えます!!
    加藤智宏
  • 畑中26年記念
    隼人
  • 畑中26年記念
    はな
  • すっかり秋?
    隼人
  • ちょと切ない…
    隼人
  • no title
    隼人
  • いよいよ!!
    隼人
  • 年も明け…
    はな
  • 年末ですね〜
    隼人

links

profile

書いた記事数:1222 最後に更新した日:2017/09/15
     

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM