レピリエ、そこは癒しの空間

覆面ブロガーTSです。

 

今回はレピリエの中ちょっとだけ

見せちゃいます!!

 

どや!!

 

 

あ。モデルは役者のすずきさんです。

 

自撮りじゃないです!断じて!!自撮りじゃないです!!!!

 

見てわかります通り舞台面は素敵な木目

で出来てます。

マジで癒される空間です。

もうね。寝たいね。木に囲まれて。

 

……疲れてますね、ワタクシ。

 

 

これが本番にはどう変わるのか?!あるいは変わらんのか?!

 

 

全ては……11/6からはじまる本番で目撃して下さい!!

 

既に座席の無い公演もありますが、まだまだ目撃者になれるチャンスは残ってますぞ!

 

公演情報はこちら!!

 

---------------------------------------------

再見シリーズvol.2 第21回本公演

今日のてんき、星のあかりと短編集

作/演出 にへいたかひろ

 

出演:青木純子 岩田千鶴(gateau au fromage) 尾下綾香(劇団笑々★症候群)大上羽純 加東サユミ(さゆみ企画/ハイカラ) 加藤伸一(ばかなる)早川綾子 古河恵美 古部未悠 みなみりな(劇団翔航群)宮地くるみ (50音順)/よこしまブロッコリーare 鶴田雅弓 榊原耕平 近藤桃子 すずきたつろう 結沼栄太

 

日程:2018年11月6日〜18日

(11月10日はワークショップのため、11月11日は過去作品上映会のため休演日)

 

会場:円頓寺LesPiliers

 

チケット:前売1500円 当日2000円(当日券は空席がある場合のみ)

 

詳しい公演情報、チケットの予約は下記の公演サイトから

 

公演特設サイト https://201811yokoshima.jimdofree.com

---------------------------------------------


いち読者が話す『今日のてんき、星のあかり』

こんにちは、こんばんは。

謎のブログ書き、覆面ブロガーTSです。正体は秘密です。ただの36歳痛風持ちです(はあと)

 

さて、今回にへいさんが各作品の見所を作者目線で語っていました。

 

http://yokoshimablog.jugem.jp/?eid=1350

http://yokoshimablog.jugem.jp/?eid=1351

http://yokoshimablog.jugem.jp/?eid=1352

http://yokoshimablog.jugem.jp/?eid=1353

http://yokoshimablog.jugem.jp/?eid=1354

 

いやあ、硬い。硬いよ。

 

作家ってのはどーも思い入れが強すぎてついついマジメ君になりすぎちゃうんすよ。うん。

 

そんな訳で演者以前に「いち読者」として脚本を読んだ時の感想を怒られない程度にゆるーく語ってみたいなと思います。

 

『今日のてんき、星のあかり』

 

これはねー、めっちゃよこしま感強い作品ですね。作者の言うとおり。

作品の位置付けはまさにメインディッシュ。まるでフィレステーキのような定番中の定番です。

登場人物5人が5人とも何らかの葛藤、というか閉塞感を抱えてるんですが、1番キツイ筈の人が1番のほほんとしてるように見えるんです。

台本として色々と解釈できそうなんで、×はあっても◯は無さそうな作品なのですが、それゆえ演者さんと演出がどういう決断を下したのか見ていただきたい作品でもありますね。

1番よこしま色の強い、ストレートに楽しめる作品だと思います。そりゃ表題作になりますよ、うん。

 

『姉は女である』

 

なんかね、不思議な作品です。

フォアグラのテリーヌみたいなクセはあるけど癖になるタイプの味。

意外とエスプリが効いてるというか、メスは5作品の中でもバツグンに鋭いと思います。

近くて遠い、でも近い。そんな「家族」を見守って欲しいなあって思います。

 

 

『マネジャの優しい嘘』

 

おしゃれで素直な作品だと思います。

パッと見は濃厚なのですが、味わってみるとどんだけでも食べれちゃうオリーブオイルたっぷりのカプレーゼのように楽しくて優しい。頭空っぽでお楽しみ下さい。よこしまとしてはびっくりしちゃうぐらいのファニーなエンタテイメントですよ。

 

『岸田くんの世界の閉じ方』

 

これはねー。薄気味悪い作品なんですよね、何か。

にぎやかだしかわいこちゃん揃ってます的な布陣なのに何故だかこう、生温かい。

沸点が高すぎていつまでも煮えない感じですが、はまればその独特の苦みがたまらない。

エスカルゴのガーリックバター焼きのような、不思議な味をお試しあれ。

 

『推理日和』

 

これが1番カラフルな味わいかもしれません。

短い時間の中で色んな味がじゅわーっと染み込んだ、具沢山ミネストローネのような作品だと思います。

「体温と体液」の前日譚とゆー事ですが、独立したお話だし大事な事はちゃんと表現してくれるんで、「体温と体液」見てなくても楽しめますよ。

 

そんな美味しい三ツ星メニュー達(やけにイタリアンに偏ったのはサイゼリ◯ばっかり行ってるせい)ご紹介していきましたが……

「でもお高いんでしょ?」「ご安心下さい!」なんと今回は、お試し価格一ステージ1500円(※要予約)でご提供です!!

私買っちゃうっっ!

安い!!まるでサイゼリ◯みたい!!

 

と、言うわけで←??、今回の公演はよこしまブロッコリーのうま味をたっぷり凝縮した内容です。

 

珠玉のメニュー是非お試しあれ!!

 

あ、まともな紹介ページはこちらです。

https://201811yokoshima.jimdofree.com/

今回の妄言はあまり参考にしませんよう。何卒。

 

では、正体かばれないうちに消えます。覆面ブロガーでした!!

 

---------------------------------------------

再見シリーズvol.2 第21回本公演

今日のてんき、星のあかりと短編集

作/演出 にへいたかひろ

 

出演:青木純子 岩田千鶴(gateau au fromage) 尾下綾香(劇団笑々★症候群)大上羽純 加東サユミ(さゆみ企画/ハイカラ) 加藤伸一(ばかなる)早川綾子 古河恵美 古部未悠 みなみりな(劇団翔航群)宮地くるみ (50音順)/よこしまブロッコリーare 鶴田雅弓 榊原耕平 近藤桃子 すずきたつろう 結沼栄太

 

日程:2018年11月6日〜18日

(11月10日はワークショップのため、11月11日は過去作品上映会のため休演日)

 

会場:円頓寺LesPiliers

 

チケット:前売1500円 当日2000円(当日券は空席がある場合のみ)

 

詳しい公演情報、チケットの予約は下記の公演サイトから

 

公演特設サイト https://201811yokoshima.jimdofree.com

---------------------------------------------

 

 

 


本格的に再始動です!!

グーテンモルゲン☆

お久しぶりです。ブログ担当のすずきです。

 

長らく地味ーに準備を続けていた次回公演の稽古がはじまりましたぞ!

 

 

 

今日は客演の青木純子さんを交えての読み合わせでした!

 

客観的に見て、読み合わせから早くもいい感じです!!

僕は出ない作品なので、純粋に完成が楽しみです!!

 

詳しい情報はまた後日アップしますぞ!乞うご期待!!

 

それではまた次回!!

 

ビスバルト☆

 


「体温と体液」役者紹介final

遂にこの時が来ました。

最終回、そして神の降臨です。


皆のもの、伏せるが良い。



にへいたかひろ様!!



まあね、こんな風にタイトルコールをぶちこんでみたものの、神に嫉妬なんておこがましいですよ!

さしずめこのブログは聖典なのです。


神はすべての人々の心の内に存在します。そして、温かい眼差しを送り続けているのです。

(訳:にへいさんは人の長所を見つけるのとそれを活かすのが上手いです)


神は時折我々の階層まで降りてきます。そして、我々を見えざる手によって導くのです。

(訳:にへいさんが役者をやる時は当然なんですがかなり出来ます。相手を大きく包みこんで舞台全体を静かに掌握します)


神は人々に寄り添います。そして人々に微笑みと温もりを与えるのです。

(訳:にへいさんは意外とドジっ子でして、たまにボケをやらかします。ちょっと面白いです。)


神が織り成す福音は優しく心を突き動かし、異教をも魅了します。

(訳:にへいさんの台本は悔しいけど面白いと思います。今回も面白いです。是非今週末は七ツ寺共同スタジオに)


そして神は……もう、どんなに言葉を尽くしても足りないよ!純情な感情は空回り、1/3も伝わらないよ!


今作は再演。にへいさんの代表作の一つがどう変わりどう変わらないのか?

一度味わった方もまだ食べてない方も是非ご体感下さい。

詳しくはこちらの公式サイトまで!https://taiontotaieki.jimdo.com/




さてさて、にへいさんをとして崇め奉ってみました。

これでにへいさんは確実に照れる。恥ずか死する。

その時こそ我の二代目にへいたかひろ襲名の時なのだ!


ふはははは、はは、…はっ背後に人影が……


すずき先生は一身上の都合により役者紹介はこれまでとなりました。


神に逆らってはいけないのです。


「体温と体液」役者紹介vol.9

今回は一世一代の挑戦回です。

ターゲットはこやつ。



自分です。


わたしは、わたしに嫉妬する。


なんかのキャッチコピーみたいですね、これ。


わたしは、わたしに嫉妬する。

YES 高須◯リニック



………。


………………。


………………………無理じゃね、これ。


さっきからずっと書いて消し書いて消ししてます。気付いたらこいつの事口汚く罵ってます。公序良俗に反するってやつです。


大体なんなんだよ、自分に嫉妬って「私は美しい」的なやつでしょ。うぬぼれでしょ。鳥貴族でしょ。


あ、自分の事は一周回って好きですよ。

特に文章は結構好きです。

じゃなきゃこんな痛っっったいの書けませんがな。


あとは、うーん、五月蝿いから声量はある方だし、華が無いから目立っちゃいけない場面で消えられるし、表情は目の小さい日本人のわりには動く方かと。


以上。これ以上はムリ。


と、言うわけで僕の一番のウリは、

自分がどーしょーもないクソ野郎であるという自己分析が出来ている事。


コンプレックスは唯一の武器なのです!

トゲ付きの特大ブーメラン。


そんな痛風持ちの銃刀法違反者、すずきたつろうさんも出演する体温と体液は七ツ寺共同スタジオで今週末。

特設サイトからチケットも買える!https://taiontotaieki.jimdo.com/


ブーメランで血まみれ、青息吐息のこの役者紹介も次回で終わり。

次回はあの人!かみんぐすーん!


「体温と体液」役者紹介vol.8

どーーーーん!

今回のターゲットは結沼栄太だだだだだ!!


いくぜえええええ!!



ええ、正直疲れてますよ。嫉妬疲れってやつです。


それじゃあいくぜ!

「ジェラシック・ワールド」だ!


栄太はねえ、若いんだよ!くっそおおお!


……お分かりいただけただろうか。


ここ最近若いばっかり書いている。


と、言うわけで年齢以外の要素を拾っていきましょう。


…。

……。

……………………。


いや、特に……。


─────長すぎる冗談はここまでだ!


正直、こーいうともすれば侮辱ともとれかねないジョークが出来るって事が既に栄太の人柄を表しているような気がしてます。

いい奴なんですよ、栄太。

しかも真面目で誠実で、仕事ぶりも細やかなんですよね。雑な自分にゃ到底出来ない仕事ぶりです。


うん、だんだんイライラしてきた(^-^)


演技も誠実です。

最初苦戦しているような部分があっても、誠実に少しずつ山を越えていきます。

正直言うと姿勢が好きなんですよね。

よこしまのお芝居って、やり取りの空気とか間を見て、物語を感じていただく感じなんですが、僕個人としては、飛躍したアイデアを取り入れた「不自然な自然」こそが演じる人物像を深める理想形の一つだと思っていて、栄太って新しい要素を稽古の度にアイデアをぶっこむんですよね。反面、直感的でないリアクションなどの弱点も出やすいのですが、その姿勢と作り方は僕的にはコメディの現場での作り方に似てて結構好きなんです。



疲れると人は説教臭くなります。


まあ、とにかく栄太はいいぞ、くやしいぞ、うがあああ。って事です。

疲れてて、すいません←


と、言うわけで残す役者は二人。にへいさんと僕、か。


あああ、どっと疲れが…。


「体温と体液」役者紹介vol.7

あ、すずきです。アラフォーに片足突っ込んだ男の子です。

だからさあ、10歳以上年下のね、女子にね、嫉妬とかね、


してやるぞおおおお!うがあああああ!!


今日のターゲットはこやつである!



古部未悠。みゆぴーである。


若い!

しかもかわいい!

そして巧みなのだ!


もう僕に無い要素だらけなのだ。

正直、元々持ってたものは若さだけである。


うがあああああ



気が狂いそうですが、一旦冷静になりますと、みゆぴー非常に優秀なんですよ。

当たり前のように真面目にハードルを越えていく姿には、オジサンは足を引っ張りたくてたまらんのです。←クズ


そして、これは稽古中に気付いたのですが、本当に幅広く色んな顔が出来る人だなと思いました。

もっと色んな役のみゆぴーが見たいと思っちまったのですよ、素直に。

くうううう、こんな事思わせられる役者になりたかったなあああ。


そんな一筋縄でない美少女、みゆぴーの活躍は七ツ寺共同スタジオで7/6〜7/9み見れますぞ!

詳しくは特設ページまで!https://taiontotaieki.jimdo.com/





うがあああああ

嫉妬が止まらねえええ







「体温と体液」役者紹介vol.6

blog担当すずきです。

今回は筆が鈍るような気がするんですよね。だってね、今回のターゲットはこの人なんですよ。



近藤桃子サン


はっきり言って、自分より年下の女子に嫉妬しまくるってのは、男として恥ずかしいし、醜いと思うんですよね。



あれ?俺醜くね?

じゃあいいか!今更醜さ50が100になっても変わらんし。


では、今日も今日とて嫉妬祭りじゃあああ!!!


「ジェラシック・ワールド」はじまります!


桃さんは「全てを真実に見せる」役者さんです。


お芝居ってそもそも嘘でマヤカシです。

役者さん自身が素の状態で立ってる訳じゃ無い。

だからどこかしらに嘘をついて立ってる訳ですが、桃さんは嘘を嘘に見せないんです。

そこが舞台上であることを一瞬忘れてしまうぐらい、自然に、素直に、真っ直ぐに「そこ」にいるのです。

それって小手先の技術とやらで何とか出来るものじゃない。

その懐の深さこそが、桃さんの最大の魅力です。

コッチハデキネーヨソンナノ!!


僕が小手先で小賢しくなんとかしようとする場面で桃さんは、大胆にふわっと立ってます。

テクニックとかコントロールとか細かい事はどうでもいいんだと言わんばかりのパワーに見えないパワーで舞台上を制圧する桃さんの底力は是非七ツ寺共同スタジオで7/6〜7/9、確認してみて下さい。

ご予約、お問い合わせはこちらの特設サイトから!https://taiontotaieki.jimdo.com/


「体温と体液」役者紹介vol.5

と、言うわけで今回は美人さんですぞ!

抱く感情は当然、嫉妬というか羨望な訳です。

 

早川綾子氏でありますぞ!

 

 

↑ほら、同じ人間とは思えない。

 

ひょっとして僕は人じゃ無いのかな?(-_-)

 

今回は綾子タンの推しポイントを分析したでありますぞ!

 

1、シンプルに芝居がめちゃくちゃ上手い

具体的には上手いし正確です。音や表情も含めた全身をちゃんとコントロールして情報として使っています。指先まで注目なのです。(これが出来ない役者の何と多いことか……←僕に刺さるブーメラン)

2、賢い

にへいたかひろも認める賢さで、一を言えば百を理解する人です。稽古場の空気も壊さないし、演出への理解も早い。(これが出来ない役者の…←僕ブーメラン)

3、美しい

小柄ですが、かわいらしいと言うより美人さんタイプだと思ってます。目を惹く華やかさとそれに見合った実力をもってます。(これが出来役←僕メラン)

4、歌も上手

(こ出役僕メン)

 

つまりはミス・パーフェクトってやつなのです。

 

アイドルみたいな推し方してみましたが、色んな要素を総合すると、不完全さが売りの一つなアイドルとしては人気の出ないタイプだと思いますよ(←せめてもの抵抗)

 

まあ、女優としては非の打ち所ナッシングです。もう抵抗は諦めました(汗)

 

そんな綾子推しの諸氏、手軽に美人を見たい紳士淑女の皆様にもオススメの「体温と体液」は七ツ寺共同スタジオで7/6〜7/9に上演します。

お問い合わせ、チケット予約等は公式サイトで!http://www.yokoshima.info/

 

 

……今回はさすがに早川さんに怒られそうなので、誤魔化すためにも次回は早めにアップしよう、うん。


「体温と体液」役者紹介vol.4

日曜日に掲載予定だった「体温と体液」役者紹介vol.4は、すずき先生急病のため、休載させていただきました。

再開は未定ですが、年内には復帰する予定です。

冨樫先生の無事を祈りつつ続報をお待ち下さい。

 

……ってのは、半分冗談半分本気でして、マジで酷い風邪引いてしまいました。

幸い復帰出来たのですが、イマイチ今回やる気が無いのは今回のターゲットが同じ劇団の男で、嫉妬心を露にしたく無いからなのです。

 

そう、今回はこやつです。

 

榊原耕平だ!

それでは渋々「ジェラシック・ワールド」スタートです。

えっと、榊原くんは僕より背が高いです。以上。

 

 

……はい、マジメにやりますよ。ううう、癪だなあ。

 

まず、榊原くんはえげつない程使える男です。

装置作りに関してはダントツNo.1ですし、他のスタッフワークもとにかく優秀。細かいところに気がつくし、それでいて僕より全然若いのがえげつない。

 

それでいて役者としても頭打ちな僕と違って、今が伸び盛りだと思うんですね。

今回の稽古場でも、今までは直情的かつシンプルに見えた身体表現を、工夫してタメを作って焦点を絞る事でより複雑に見える表現にシフトしています。

 

全く、磨いて光る余地のある宝石箱のような男ですよ榊原くんは。

僕的にはめっちゃ癪ですが。

 

そんな榊原くんの複雑な表現が必要な役どころとは?!

答えは7/6〜7/9七ツ寺共同スタジオにて!

チケット予約、お問い合わせはこちらの公式サイトにて!https://taiontotaieki.jimdo.com/

 

 



     

ツイッター




     

次回公演

再見シリーズvol.2
『今日のてんき、星のあかり』と短編集
2018年11月6日(火)〜11月18日(日)
会場:円頓寺LesPiliers
詳しい公演情報は下記の公演サイトから
https://201811yokoshima.jimdofree.com
     

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • BARパプリカでよこしまコインが使えます!!
    にへい
  • BARパプリカでよこしまコインが使えます!!
    加藤智宏
  • 畑中26年記念
    隼人
  • 畑中26年記念
    はな
  • すっかり秋?
    隼人
  • ちょと切ない…
    隼人
  • no title
    隼人
  • いよいよ!!
    隼人
  • 年も明け…
    はな
  • 年末ですね〜
    隼人

links

profile

書いた記事数:1338 最後に更新した日:2018/11/19
     

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM